FC2ブログ

プロフィール

ネット荷流護

Author:ネット荷流護
年齢   気持はいつも30代。

家族   新ビジネスマンの1男1女。
     父は孤軍奮闘、独り立ち?

基本姿勢 やりたい事、出来る事は、即行動。

燃える時  あり得ないことに陽が射してきた時。  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


DATE: CATEGORY:物づくり日本
戦後の日本復興を牽引した
「家電業界」は、今ではシャープの台湾買収、
東芝の基幹部門の売却の噂・・・等
日本の物づくりが危機に瀕してます。

l_f170620_aiwa_2[1]

そんな折、明るい兆しも見えてきています。
ソニーに吸収されてブランドも消えていた
「AIWA」が今秋、十和田オーデイオから
復活するそうです。

ラジカセ展

先日、テレビのニュースで数社が、
「ラジカセ復活、展示会」を取り上げてました。

A0130002207[1]

ヤフオク2 ラジカセ

実は、少し前からネットのオークションでは、
「ラジカセが売れている!」の兆候がありました。

デジタル全盛の中、半世紀前の
アナログが、若い方々に見直されているのです。

AIWA 1

AIWA 5のコピー

我が家でも父親に買ってもらった、
壊れたラジカセを見つけ出しました。

AIWA 6

今、一番人気の大型スピーカーを装着し、
ミニコンポ並みの機能を装備するラジカセです。
修理が出来ないかと解体してみました。

AIWA 2

中は、正に「 Made in Japan 」そのものです。
東南アジアの商品とは違います。
「日本の物づくりの原点」を見る思いです。

AIWA 3

故障の原因は、お決まりの
ゴムベルトの劣化、融着によるものです。

AIWA 4

交換の帯ベルトも無い為、
その他の機能を復活させました。

AIWA 7

半世紀前に夢中で、耳を傾けた
青春時代の音楽にその夜は溶け込みました。

AIWA 8

さらに家探しをしますと、子供たちが
遊んでいた、CDラジカセや、MDラジカセなど、
利用可能な「お宝」が見つかりました。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:物づくり日本
ブログ6

SONYのさらなる事業部門の縮小が、
止まりません。

ブログ5 ブログ7

ユニークな商品開発が支持されて
戦後の牽引力であった町の電気メーカー

20120203sony[1]

新たな事業再生をめざして
行われた社長交代

ブログ14 20121102_185348[1]

しかし、SONYの顔でもあったパソコン事業部の
売却と、液晶TV事業部門の分社化。

SONYブログ

更に、SONY愛好者を襲った衝撃!が、
全国のサービスステーションの激減!

ブログ4

民生機器だけではなく、SONYの
技術の証であった業務用の
サービス体制の縮小
(北海道・中国・九州地区の閉鎖)でした。

rz72p[1] vgc-rc72dp[1]

他社に比べて、比較的にユーザーに
柔軟に対応してきたSONYは変わりました。

ブログ1

昔のSONYのキャッチコピーで、
「My First SONY」のコピーが、巷に賑わいました。
我が子に自分の愛する「SONY製品」を・・・

ブログ10 ブログ11

業務用機器で培われたその先進性と、
技術力や、ユニークな商品化等が、
SONYユーザーを虜にしていました。

ブログ12 ブログ13

今ブームの「ハイレゾ オーデイオ」も、
プロの音楽現場から商品化されたアイデアです。

ブログ19

プロの現場で開発された実用性の高いソフトなど・・
インターネットの中古市場では、いまだに
VAIOの需要が高いようですが・・・
しかし、他社に乗り換えるユーザーも増えてます。

ブログ21

その兆候は、マニアに支持されていた
オリジナルソフトの提供の縮小や、
拡張機能の無くなったデスクトップ型と
タブレット型の特化に表れています。

ブログ10  ブログ20

あえてSONYでなければならない
魅力が失われてきています。
でも、VAIO事業部の売却先が、
日本企業でよかったと、
思っておられる方も多いでしょう。

yjimageCATG4052.jpg

SONYの復活! 期待しています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:物づくり日本
ミシンブログ17

棚に主を失ったミシンを
見つけました。

ミシンブログ18

最近ではミシンを起用に操作される
男性も珍しくありません。

ミシンブログ4

そこで頭の中で何か弾けました。
「簡単な繕いものは出来ないか?」と

ミシンブログ7

これが苦労の始まりでした。
本来、根っからの凝り性・・

ミシンブログ6

徹底的にカタログや、ミシン操作の
説明書をむさぼりました。

ミシンブログ5

趣味のメカ物には人一倍
こだわりがあるのですが、
ミシンとは無縁の人間です。

ミシンブログ8

今は便利な武器「インターネット」があります。
メーカーのベテランのお姉さんに御教授を願い、
お店で必要最小限の部品を購入しました。

ミシンブログ3

操作に慣れた方なら、簡単な
上糸、下糸のガイド通し・・わかりません!

ミシンブログ9

苦戦の末、やっとテスト縫いが
出来た時の感動は、久しぶり。

ミシンブログ10

しかし、その感動も束の間・・
いきなり厚手の生地を縫ったため、
下糸のボビンケースが破損!

ミシンブログ11

こんな事もあろうかと調べていた、
修理屋さん。希少な方です。

ミシンブログ12

お聞きすれば同世代のベテランの方。
丁稚奉公から初めて40年以上とか・・

ミシンブログ13

最近は、東南アジアの粗悪なミシンが
出回り、性能や耐久性が低下。

ミシンブログ14

この方は、物づくりのしっかりした
昔の商品を再生されているようです。

ミシンブログ15

お店では、修理を待ってる歴代の名機?が待機中。

修理の噂を聞き、
人伝てに修理の依頼が多いそうで、
県内の出張修理で忙しいようです。

旧TV

今、日本の物作りが問われています。

サムソン2

サムソン1

海外では、画面が湾曲し、奥行き感を出す、
4Kテレビも発売されるようです。
どうなる・・・・?

| BLOG TOP |

copyright © 下関発、店主の囁き all rights reserved.Powered by FC2ブログ