プロフィール

ネット荷流護

Author:ネット荷流護
年齢   気持はいつも30代。

家族   新ビジネスマンの1男1女。
     父は孤軍奮闘、独り立ち?

基本姿勢 やりたい事、出来る事は、即行動。

燃える時  あり得ないことに陽が射してきた時。  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


DATE: CATEGORY:政治 金融
投資ファンド2

炎天下の中、涼を求めて銀行主催の
涼しいセミナーに久しぶりに出掛けてみました。

投資ファンド11

参加者は約100名で、9割位が70代?
の高齢者でした。
一時期の中高年や若年層の投資家の
参加は激減したようです。

後期高齢者の皆さんは「たんす預金」をお持ちです。

投資ファンド7

地下深くから「シエール燃料」を取り出す、
画期的な技術開発から、世界の経済構造が
変わろうとしてるのです。

投資ファンド8

中東から、米国へ

投資ファンド9

中東依存の世界経済が、米国への投資へと
変わろうとしてるのです。

投資ファンド3

エネルギーの輸入先の多様化によって、
停滞気味の米国や新興国への投資が
息を吹き返そうとしています。

投資ファンド10

今後成長が期待される「米国成長株式ファンド」は、
如何でしょうか?・・とのセミナーでした。
(添付の資料は当日配布されました物を
 流用させて頂きました)
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:政治 金融
ふく初競り1

2008年の『ふくの初競り』でじっとふくを
見つめておられた元宰相、

辞任直後で心中穏やかではなかったでしょう・・・

選挙総決起1ブログ

今回は、『天下分け目の総選挙(ちょっと古いですが・・)』
疲弊した政治・経済の立て直しをかけた選挙となりました。

選挙総決起2ブログ

大きな政局の転換期が予測される選挙に、
危機感を募らせる大物議員さんが大挙地元入り。

選挙公告1ブログ

経済再建、雇用創出、年金制度、介護支援、子育て支援、
医療制度改革、農業再生支援・・・等山積です。

皆さんの奮闘に期待しております。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:政治 金融
中川財務・金融相画像Blog

ある新聞の見出しに、『飲責(引責)!?辞任』とありました。
治療薬か、過度の飲酒のせいなのか?

大臣の自己管理能力と取り巻きのサポートの脆弱さを露呈してしまいました。
麻生さんの盟友と言われた方の辞任でした。

リそな資料1Blog日本企業変遷

こんな世相を反映してか、今、投資セミナーが熱くなってます。
先週の或る銀行のセミナーは、早期に満員御礼の札止め。

今回は、別の投資セミナーに参加してみました。

参加者は、30名位で、平均年齢は、70代以上。
投資のベテランの方々みたいで、雰囲気が違ってました。

りそな資料2日本株Blog


いつもの市場分析から始まったセミナー。
2/3迄の説明が進んだところで、参加者から『そんな過去の分析は、わかてます・・・』と
解説者は、中断を迫られました。

『これからどうなるか?どうすればいいのか?』の提案を聞きたい!と数人の参加者からも、
同様な意見が出されて、一時会場内は異様な雰囲気に包まれました。

りそな資料3Blogまとめ

まとめは『麦わら帽子は冬に買え』、
投資家の間では、技術力はあるが割安な日本企業株が今見直されてる。

世界の工場と言われた中国、過剰な人口がやがては最大の消費国になる。

不動産価格が、立ち直った時が投資の目安?
いずれも、中国、インドの動向がポイント?とも・・・

最後に、解説者は『夜明け前が一番暗い?』。
それがいつかは?わかりません!と・・・・結ばれました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:政治 金融
images[3]

大統領選では、変革がスローガンだったオバマ氏は、就任式では『責任と義務』を前面に掲げてきました。今後、各国に応分の義務を求められるようです。

APX200901200010[1]

この演説を練り上げたのは、オバマ氏の首席スピーチライターのジョン・ファブローさんだったようです。
若干27歳で童顔の面影がある青年だそうです。

党派を超えた優秀な人材を駆使して、この難題を克服して欲しいと思います。

ケネデイ1

眠い目をこすりながら、見ていた就任式で、ふと思い出しました。
1961年1月20日の、35代ジョンFケネデイの就任式を。

キャデラック


就任式のパレードに、フォードの『サンダーバード・Tバード』を、50台連ねてパレードしたことも、
当時は話題になりました。

ベトナム戦争の前で、若者達には夢が持てた頃でした。

しかし、2年後の1963年にテキサスのダラスでの事件は衝撃的で、当時、アメリカと日本との衛星生中継の実験の最初の映像が、悲しい事件の第一報であった事は記憶に鮮明に残ってます。

オバマ1

オバマ新大統領は、
『アメリカは、多様性を強みに、新たな平和な時代へと導く役割を果たさなければいけない』と結んでました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:政治 金融
3706928[1]

『さらば、ブッシュ!』そう叫んだ方も多かったことでしょう。
オバマ新大統領が見送る画像は、そんなコメントがピッタリでした。

ブッシュ1

就任当時から、無知さを露呈する発言が多く、父親の前大統領も別の息子さんを望んでおられたようですが、一番なって欲しくない?息子さんだったとか?・・

9・11以降のテロ対策で、アフガニスタン・イラクへの侵攻で、自国民4,000人以上の尊い人命を犠牲にし、

2005年のハリケーン、カトリーナへの災害対策の遅れや、サブプライムローンに端を発する、世界金融破綻の拡大。

他国を『悪の枢軸』と名指ししたご本人は、多くの難題を残したままで、テキサスに帰りました。

| BLOG TOP |

copyright © 下関発、店主の囁き all rights reserved.Powered by FC2ブログ