プロフィール

ネット荷流護

Author:ネット荷流護
年齢   気持はいつも30代。

家族   新ビジネスマンの1男1女。
     父は孤軍奮闘、独り立ち?

基本姿勢 やりたい事、出来る事は、即行動。

燃える時  あり得ないことに陽が射してきた時。  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


DATE: CATEGORY:イベント
近くて遠かったお隣の韓国。最近では、新たな領土問題で摩擦が懸念されてますが、民間レベルでの交流は、両国民の相互理解が進み、その距離感が無くなりつつあります。

馬関まつり初日Blog4bb

昭和49年、下関青年会議所が開いた『歌と踊りとみんなの夜市』としてスタートし、その後『馬関まつり』と改名。

第31回を迎える『馬関まつり』は、下関の夏を彩る最高のまつりとして地元に根付いてます。

馬関まつり初日Blog1

23日には、今回で5回目となる『朝鮮通信使』の再現行列で、韓国・釜山市民など300人が、往時の黄色や青や赤などの色鮮やかな衣装を身にまとい、

朝鮮伝統の賑やかな音楽を奏でながら、市内の5キロを行進しました。

馬関まつり初日Blog3

馬関まつり初日Blog5bb

翌24日は、JR下関駅付近の大通りを封鎖して、『平家総踊り』がありました。
地元企業など48団体から、5,000人の参加がありました。

馬関まつりBlog4

23日、24日の両日で昨年と同様の約41万人の人出がありました。

馬関まつりBlog3
馬関まつりBlog 1

スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ライブ 音楽
いつものライブハウスのオーナーの依頼で、プロの方の録音を致しました。

熱い日中の日差しが落ちて、涼しいところで渋いトランペットの音色を聴きながらのビールは最高。

戦中(と、言うのは昭和20年位)派の方が語るオールドジャズの歴史を堪能しました。

アフターセッションBlog1

予定の演奏が終わると、来店のお客様とプロのミュージシャンとのセッションが恒例のお店です。

この日のアフターセッションでは、プロのミュージシャンを本気にさせる芸達者なお客様の飛び入りで、大変盛り上がりました。

ダンスb1Blog1

弾き語りと、原語で歌われる『ベサメムーチョ』に、渋いペットの共演、狭い店内で踊りだすアベックまで出て、その熱気は午前1時を過ぎてしまいました。

また、わからなくなってきました。アマとプロの基準が。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:定点観測
米Blog a

平成16年4月1日から、お米の流通や価格の決定方法が変わりました。お米の『自由化』へと移行しつつあるようです。

これは、お米の流通や価格を支えてきた『計画流通制度』がなくなり、JAや生産者がどこでも自由に販売が出来るようになって、

品質や価格の競争激化が進み、細々とお米を作っていた零細農家が廃業の窮地に立たされています。

高騰していた穀物の国際価格も天候に恵まれて、増産に転じ、2~4割下がっているようです。
今後、安い外米が国内に流通し始めると、国内の零細農家は益々厳しくなります。

外米が安価で豊富であれば、問題は無いようですが、外米への依存度が高まれば、国内の自給率は低下。食を海外に依存する日本、輸入できない異変が発生したらどうなるんでしょうか?


4月1日と6月18日でご紹介しました農家さんの悲痛な抗議となりました。


大丈夫?日本!
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:イベント
五輪マーク 1a

第29回オリンピック競技会 北京大会は、中国国内の民族問題やテロの脅威の中、『挙国五輪』を掲げて厳戒態勢の中で開幕されました。

史上最多の204ヶ国・地域から、選手・役員1万6千人が競技に参加しました。
中国の国の威信を内外に示す絶好の機会です。

楽器を使った2008人の一糸乱れぬ演者達にどきもを抜かれました。
映画監督のチャンイーモさんの演出でした。

空中足跡 1a

メイン会場の鳥の巣の上空に打ち上げられた足跡をかたどった花火も奇想天外な演出でした。

ところが、後日、この演出が色々な物議を醸し出しました。
花火の足跡は、事前に制作されたCG画像だったことがわかりました。

56民族 子供 3a

さらに、入場式で『五星紅旗』を取り囲んで56民族の衣装を着た子供達は、ほとんどが漢族だった事が話題になりました。民族間の団結と融和を求められる今の中国に新たな演出疑惑?

子供歌 2a

まだありました。

愛らしい顔で熱唱した女の子の声は、別人の女の子の歌声にすり替えてありました。
後日、歌声の主がテレビで紹介されてましたが、本人は『声だけでもオリンピックに出れてよかった』とコメントしておりました。
通称『口パク』は演出ではある事ですが、本人が原則と思いますが?

マスゲーム 1a

主催者は、『楽しめればいい・・』の意向のようです。
前半の2008名の楽器を使った演技の熱意はなんだったんでしょうか?

文字 1a

過去には、アメリカの開会式で、ロケットを背負ったロケットマンの出現に世界が驚嘆したこともありました。これはCGではありませんでした。


生身の人間が集まり、日頃の修練の発表の競技会と思ってましたが・・・・


こうして検証してみますと、2008名の文字の正確な表示もコンピューターによる演出のようにも思えてきます。どこまでが演出として許されるのでしょう?


餃子事件も進まず、中国の感覚は許容範囲内でしょうか?




| BLOG TOP |

copyright © 下関発、店主の囁き all rights reserved.Powered by FC2ブログ