FC2ブログ

プロフィール

ネット荷流護

Author:ネット荷流護
年齢   気持はいつも30代。

家族   新ビジネスマンの1男1女。
     父は孤軍奮闘、独り立ち?

基本姿勢 やりたい事、出来る事は、即行動。

燃える時  あり得ないことに陽が射してきた時。  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


DATE: CATEGORY:政治 金融
たまには、世の中の動きも知っとこう!と、時折、セミナーに行きます。

銀行主催の投資セミナーで、テーマは『JPM新興国現地通貨ソブリン・ファンド』でした。

講演者は、JPモルガン・アセット・マネージメントの方でした。


投資信託1Blog1

冒頭、講演者から『今、私は頭の中が、真っ白です』と切り出されました。

講演者が、渦中の会社重役なのです。

数か月前に、セミナーの依頼があって、今日の為に準備した資料が使えなくなったのです。

参加者の多くが、証券会社の破綻や金融市場の混乱への分析を求めました。

その方の分析は、アメリカのサブプライム問題に端を発した金融不安は、

資産を市場に頼る証券会社の『信用収縮』が、銀行の再編成を生み、

今後の課題は、『景気の減速とインフレ』の動向でしょうと解説されてました。

野村証券の米証券大手のアジアの事業部門の買収、三菱UFJの投資参加。

今後の、世界の動きには予断が許せないですね。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ネット販売
4斗樽 ミニ樽メール案内Blog1


今では、正月やテレビ中継での大きなイベントでしか見ることが無くなった、樽酒の鏡開き。


不景気風が蔓延する世の中で、華やかな鏡開きや樽酒への関心もないかもしれません。


酒造会社に出入りするようになって、わかった事があります。


基本的なサイズは、四斗樽、二斗樽、一斗樽とあり、最近では、ギフト需要で床の間や卓上の飾り物のミニ樽もあるようです。


各樽の容量は、四斗樽は1升瓶が40本、あとは、それぞれ、20本、10本となるようです。


今では、樽を作る職人さんも少なくなっているようです。


樽を桶職人が、菰やわらの紐などもそれぞれ専門の職人さんが作られているようです。


これらは職人技で、樽と菰の間に、わらを詰めて、あの樽の自然なふくらみを作られるようです。



新総理・麻生さん。ここは新政権誕生と景気回復を祈念して、パット!全国で『樽の鏡割り』やりませんか?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:イベント
関門海峡の潮に散っていった海峡千年の時代絵巻をドラマシアター風に再現します。

源平ナイト市民会館フィナーレ1Blog1

寿永四年(1185年)の源氏・平家の壇ノ浦合戦に始まる、平家滅亡と時の幼帝・安徳天皇の悲哀。
平家の怨霊にまとわり憑かれた『耳なし芳一』伝説。

佐々木小次郎と宮本武蔵の巌流島の決闘。
幕末の長州藩の奇兵隊の決起。

源平ナイト観光画像1Blog1

毎年、関門の歴史舞台で開かれてます赤間神宮の『源平ナイト イン 赤間神宮』を、下関市民会館で、再現されたイベントです。

源平ナイト市民会館ロビー4メール案内5


終演後には、出演者がロビーに揃って、観光客の皆さんと記念撮影。


関門に繰り広げられた、悲哀の時代絵巻きとともに、十二一重の華やかな衣装にため息が聞こえてました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ネット販売
事故米Blog

農林水産省は、三笠フーズの汚染米が375か所に流通と発表。ついに、自殺者まで出たようです。
中間業者が50社を超えると見られて、混乱に歯止めが利きません。


酒造会社にも10社位が何らかの関わりが心配されて、一部では店頭の商品の撤去が始まってます。
鹿児島や熊本の焼酎にも、撤去が広がってます。

明壽1升1Blog

近日、インターネットで発売を準備中のお酒についても、『お米は大丈夫?』の問い合わせが増えてます。


酒造会社に問い合わせましたところ、『わが社のお酒は、国産の山口県産米を使用してます』と回答がありました。発売時には、『国産、山口県産米使用』を表記します。


焼酎先行型の日本酒市場は、清酒への需要に流れが変わりそうです。
各酒造組合でも、水面下でその対応の兆候があります。


各社の損害額は、数億円とも言われてますが、当の三笠フーズは早々と自主廃業、管轄官庁は、
責任のなすり合い。誰が、負債・損害の責任をとるのでしょうか?

風評被害に惑わされず、正しい選別をしたいものです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:イベント
40会 看板Blog3

昨夜、高校のOB会に行ってきました。
1965年に卒業をしまして、43年。1988年に同期生の有志によって結成されたOB会です。

1965年は、昭和40年で、誰がつけたか『40会』と名付けられて、同校の各代の数あるOB会の中でも、毎回、歴代の校長や理事長参加される別格の人気OB会です。

S390821入江町Blog6


何故、人気があるか?
この学年の野球部が、唯一甲子園に初出場、初準優勝を成し遂げた、偉業があるからなのです。

同校には、後輩の野球部員に歌手の山本譲二さんも在席されてました。

ただ、長い校史の中でその後は、甲子園での活躍はなく、この時が一番『輝いた』時代なのです。

40会 参加者それぞれ1 Blog2

2年ごとに開催されるOB会、今回は前回の還暦の祝典の華やかさ比較しますと、様変わりでした。

恩師、生徒ともに高齢に域に達し、それぞれにいろんな事情や想いを抱えてました。

40会 凝視するOB Blog1

皆さんが、一番輝いていた頃を今も心の支えにしているようです。

40年前のビデオに、最前列で一人、凝視する元高校生の後姿が印象的でした。
| BLOG TOP |

copyright © 下関発、店主の囁き all rights reserved.Powered by FC2ブログ