プロフィール

ネット荷流護

Author:ネット荷流護
年齢   気持はいつも30代。

家族   新ビジネスマンの1男1女。
     父は孤軍奮闘、独り立ち?

基本姿勢 やりたい事、出来る事は、即行動。

燃える時  あり得ないことに陽が射してきた時。  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


DATE: CATEGORY:ライブ 音楽
案内状2B


今回は少し趣向を変えて、弦楽器四重奏による『室内楽』の収録です。
『貴族たちの宴』と題する18世紀のロココ調の時空への旅立ちです。


バロックB1


おなじみのヴィヴァルデイーやモーツアルトの華やかで優雅なメロデイーが
教会の空間を支配します。


バロックB2


モーツアルトの『魔笛』では、弦楽四重奏に地元で御活躍の
アナウンサーの語りが華を添えました。

今回の収録にあたり、演奏者から前回使用の『真空管マイク』での収録を要望されました。
耳元で聴きなれた楽器のイメージに近い音色だったんでしょう。

RODE N1ブログ


このマイクは、ピックアップにコンデンサーを、増幅部には
今は懐かしい(楽器には多いい)真空管を使用してます。

rode_nt4 B


さらに、教会に広がる空間を取り込むために、ワンポイントステレオのマイクを
高い位置から収録をしましてミックスしました。

宇部バロック3

宇部バロック1

収録機材には、4chと2chのデジタル録音と、2台のオープンデッキを使用し、
もう1名が、8chのデジタル収録を致しました。

宇部バロック5

さらに、2台のHDVカメラで収録を致しました。
で・・・疲れました。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:イベント
2010関門JazzFestatチラシ ブログ

昨年に続き、2回目の『関門サニーサイドJazz Festa』が開催されました。

KJF9ブログ

チャリテー主体のライブではありますが、
地元で活動されておられるプロ・アマの10バンドの皆さんと、
『村田 浩 & Bop Band』を迎えて、賑やかなライブを楽しめました。

KJF1ブログ

KJF4ブログ
KJF8ブログ
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:カメラ プロ機材
JF打ち上げブログ2

これがあるから熱くなる『ライブの後の打ち上げ』!!

JF打ち上げ1ブログ

今回は、前回の反省から、スタッフの気合とテンションはHiでした。
日頃お付き合いのありますマスメデイアや地元企業様への強力なアプローチ。

カモンFM2ブログ

東京から、プロのゲスト『小林陽一とJJM』さんを招いた事、

JJM全員2ブログ

プロの舞台照明とPA機材の投入。

JF照明1ブログ


JF機材ブログ2

JFピアノブログ1


収録は、3台のカメラ投入、PAからのマルチ音声と会場音を、
デジタルとアナログで貴重な音源と映像を収録しました。

ステージ機材ブログ1

JF機材ブログ3

ステージ機材ブログ2

ゲストのプロミュージシャン達の素の解放感!
これはスタッフの特権!たまりません。

JF打ち上げブログ1
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:イベント
JJM全員2ブログ

ゲストに、『小林陽一とJJM』を迎えてのプロ・アマ12BANDの饗宴は、
500名余りの集客がありました。

JF客席ブログ

お客様は、メインステージとエントランスホールの2ステージで、
ジャズ、フュージョン、ポピュラー等、多彩な音楽を満喫して頂きました。

JFステージ1ブログ

(画像提供 名古屋 三木秀成氏)
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:ネット販売
稚海老UPブログ

今シーズン販売用の『車海老の稚海老』が入荷しました。
養殖車海老の発祥の地、秋穂(あいお)から60万匹です。

稚海老入4ブログ

稚海老入荷2ブログ

稚海老入荷3ブログ

これから4か月先の出荷に向けて、厳重な管理の下、成育が始まります。
5年目を迎える家族の皆さんにも大きな期待が膨らみます。

『車海老の成育』は、大変な労力と管理費がかかります。
毎シーズン後には、業界や役所からの指導もあり、
イケスの清掃と天日消毒が義務付けられてます。

イケス干し1ブログ

海水海流1ブログ

こうした作業の後に、山陰の栄養分をタップリ含んだ新鮮な海水が
イケスに引き込まれます。

稚海老入荷1ブログ

今日は、攪拌機もうれしそう?

9月頃には、立派な、元気な、活きのいい『車海老』をお見せ致します。

車海老UP ブログ
| BLOG TOP |

copyright © 下関発、店主の囁き all rights reserved.Powered by FC2ブログ