FC2ブログ

プロフィール

ネット荷流護

Author:ネット荷流護
年齢   気持はいつも30代。

家族   新ビジネスマンの1男1女。
     父は孤軍奮闘、独り立ち?

基本姿勢 やりたい事、出来る事は、即行動。

燃える時  あり得ないことに陽が射してきた時。  


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


DATE: CATEGORY:物づくり日本
戦後の日本復興を牽引した
「家電業界」は、今ではシャープの台湾買収、
東芝の基幹部門の売却の噂・・・等
日本の物づくりが危機に瀕してます。

l_f170620_aiwa_2[1]

そんな折、明るい兆しも見えてきています。
ソニーに吸収されてブランドも消えていた
「AIWA」が今秋、十和田オーデイオから
復活するそうです。

ラジカセ展

先日、テレビのニュースで数社が、
「ラジカセ復活、展示会」を取り上げてました。

A0130002207[1]

ヤフオク2 ラジカセ

実は、少し前からネットのオークションでは、
「ラジカセが売れている!」の兆候がありました。

デジタル全盛の中、半世紀前の
アナログが、若い方々に見直されているのです。

AIWA 1

AIWA 5のコピー

我が家でも父親に買ってもらった、
壊れたラジカセを見つけ出しました。

AIWA 6

今、一番人気の大型スピーカーを装着し、
ミニコンポ並みの機能を装備するラジカセです。
修理が出来ないかと解体してみました。

AIWA 2

中は、正に「 Made in Japan 」そのものです。
東南アジアの商品とは違います。
「日本の物づくりの原点」を見る思いです。

AIWA 3

故障の原因は、お決まりの
ゴムベルトの劣化、融着によるものです。

AIWA 4

交換の帯ベルトも無い為、
その他の機能を復活させました。

AIWA 7

半世紀前に夢中で、耳を傾けた
青春時代の音楽にその夜は溶け込みました。

AIWA 8

さらに家探しをしますと、子供たちが
遊んでいた、CDラジカセや、MDラジカセなど、
利用可能な「お宝」が見つかりました。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 下関発、店主の囁き all rights reserved.Powered by FC2ブログ